年金Q&A

保険料の免除は誰でも受けられるのですか。

国民年金には、経済的に保険料を納めることが困難な人などのために、「保険料免除」と「納付猶予」などの制度があります。


①生活保護法による生活扶助を受けている人、障害基礎年金または被用者年金制度の障害給付を受けている人は、市町村役場に届け出れば保険料が免除されます。これを「法定免除」といいます。


②「申請免除」は、次のいずれかに該当する人が、その旨を市町村役場に申し出て認められたときに保険料が免除されます。
イ.所得が一定以下である人所得の状況によって「4分の1免除」、「半額免除」、「4分の3免除」、「全額免除」のいずれかになります。

ロ.障害者または寡婦であって、前年の所得が125万円以下である人

ハ.生活保護法による生活扶助以外の扶助を受けている人

ニ.次の事由等によって保険料を納めることが著しく困難となっている人
●震災、風水害、火災などの災害によって、財産の価格の概ね2分の1以上の損害を受けた場合
●失業

社会保険労務士検索
  • 医療労務に関する相談・支援
  • 法テラス福島
  • 福島県最低賃金総合相談支援センター

ページの先頭へ