三六協定の運用を見直し 残業時間の上限設定へ(9月7日)

カテゴリ:【お知らせ】2016年09月23日掲載

政府は、三六協定の運用を見直し、労働者に事実上無制限の時間外労働を課すことができる現状を改めるため、1ヶ月の残業時間に上限を設定する検討に入った。
罰則規定の新設など、残業時間の実効性を担保する方策についても協議したうえで来年3月までに実行計画をまとめるとしている。

〔関連リンク〕
厚生労働省 仕事と生活の調和のための時間外労働規制に関する検討会

最新のお知らせ

月別アーカイブ

月を選択してください。

お知らせの種類

  • 医療労務に関する相談・支援
  • 法テラス福島
  • 福島県最低賃金総合相談支援センター

ページの先頭へ