あっせん手続の進め方

  1. 申立書の内容を審査して、解決センターで対象とする事案であれば受理します。
    あっせん申立書を提出するときに、申立費用として10,000円(税別)を納付してください。
  2. 申立ての内容を相手方へ通知し、相手方があっせんに応ずる意思があるか否かを確認します。
  3. 相手方からあっせんに応ずるとの意思表示があった場合、当事者の都合を確認して、あっせん委員が、期日(あっせんを行う日)を指定し、7日前までに通知します。
    相手方は、あっせん手続の依頼をしたとき、あっせん手続の期日までに手続費用として5,000円(税別)を納付してください。
  4. 期日前に、相手方から、答弁書(申し立ての内容について認めるか、あるいは否認するか、又は、申し立てについての反論とその理由を簡潔に記載した書面)及び紛争に関する資料を提出していただき、1回の期日で和解の成立を目指します。
    ただし、紛争の内容が、複雑困難な場合等、特段の理由があるときは、複数回の期日が開かれることもあります。
  5. 和解契約書が成立した場合は、あっせん委員が作成する和解契約書の案に当事者双方及びあっせん委員が立会人として署名押印し、和解契約書を作成してあっせん手続は終了します。
  6. 相手方が、あっせんに応じない場合は、そこであっせん手続きは終了します。
    あっせんの申立書の受付日から概ね1ヶ月以内にあっせんする日が決まり、原則1回(1日)の手続きでトラブルを解決します。
 ※東日本大震災の復興支援として平成24年7月13日から平成28年7月12日までの4年間は、申立費用及び手続費用は無料です。

  • 非正規雇用労働者待遇改善支援センター
  • 法テラス福島
  • 福島県最低賃金総合相談支援センター

ページの先頭へ